株式会社メイプルファーマシー

脂質異常症

主な改訂点は
(1)診断基準境界域の設定
(2)一次予防における絶対リスク評価による患者の層別化
(3)脂質管理目標値へのnonHDLコレステロール(HDLC)の導入です。

そもそも、脂質異常症とはどんな病気なのでしょう?
脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロール(LDLC)やトリグリセライド(中性脂肪・TG)が多すぎたりHDLCが少なく病気です。
脂質異常症を放っておくと血管の動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中などの病気を引き起こしかねません。

ところで、脂質異常症の原因は何でしょう?
遺伝や他の病気が原因でない脂質異常症は、食べすぎ・飲みすぎ、肥満、運動不足などが原因となります。動脈硬化には様々な病気や生活習慣などが関係していますが、脂質異常症は動脈硬化と関係の深い病気のひとつです。

従って、血液中の脂質の値を定期的に測って、常にこれらを適正な値に調整していくことは動脈硬化の予防のために大切です。

表1:脂質異常症:スクリーニングのための診断基準(空腹時採血)

(参考資料:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版)
以前はLDLC140mg/dl以上、HDLC40mg/dl未満、中性脂肪150mg/dl以上となっていましたが、今回はこれに加えてLDLC120~139mg/dlという境界域高LDLC血症が設定されました。

表2:リスク区分別脂質管理目標値

(参考資料:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版)
今回のガイドラインよりnonHDL-Cが新たな脂質管理目標の指標として追加されました。

nonHDL-Cの計算式=TGHDL-C

以上、今回の改訂内容についておおまかに説明いたしましたが、それぞれの状態にあった方法で生活習慣改善等を行う必要があります。
検査データに異常があった場合には、まず必ず医師に相談しましょう。