株式会社メイプルファーマシー

学童期の栄養

肥満(学童期の肥満は成人肥満に移行)

原因・・・遺伝的要因・過食・運動不足・ストレス・不規則な生活習慣
改善・・・極端なエネルギー制限は行わず、家族の協力による食生活・生活習慣の改善が大切

①朝食は欠食しないようにしましょう。(1日3食きちんと食べましょう。)
②間食・清涼飲料水・砂糖類・油脂類・炭水化物の摂り過ぎに注意しましょう。
③咀嚼回数が多くなるような食べ物や調理法を選び、良く噛んでゆっくり食べましょう。
④夕食後はカロリーのある物は摂らないようにしましょう。
夕食後2~3時間経ってから就寝しましょう。
⑤調理済み食品やファーストフードの多用は控えましょう。
⑥外遊びなど適度な運動をし、身体活動を多くしましょう。
⑦規則的な食生活リズムをつけましょう。

やせ

学童期後期になると、女子はダイエットに興味を持ち、減食や欠食をする事があります。
その結果、発育障害・健康障害を伴う事があり、(発育不全・免疫機能低下)思春期の摂食障害につながる事もあります。