株式会社メイプルファーマシー

肌のトラブル解消法は?男性・20代

健康な肌作りには、たんぱく質・コラーゲンを多く含んでいる食品がおすすめです。肌にうるおいと張りを与えてくれるのが、β‐カロテン、ビタミンCなど緑黄色野菜に多いです。その他、緑黄色野菜にはビタミンB2、E、食物繊維など美肌作りに役立つ成分も含まれています。

たんぱく質の多い食材(1食の摂取目安量と含有量)

牛もも肉・・・・(80g/15.6g)
豚ヒレ肉・・・(80g/18.2g)
鮭・・・(100g/22.3g)
マグロ(赤身)・・(100g/26.4g)
鶏ささみ・・(80g/18.4g)
卵・・・(55g/6.8g)

ビタミンCの多い食材(1食の摂取目安量と含有量)

ブロッコリー・・・(80g/96g)
赤ピーマン・・・(40g/68g)
カリフラワー・・・(80g/65g)
ゴーヤ ・・・(80g/61g)
芽キャベツ・・・(30g/48g)
柿 ・・・(85g/60g)

β-カロテンの多い食材(1食の摂取目安量と含有量)

モロヘイヤ・・・(80g/8000g)
にんじん・・・(50g/4100g)
ほうれん草・・・(80g/3360g)
かぼちゃ ・・・(80g/3200g)
小松菜 ・・・(80g/2480g)
春菊 ・・・(50g/2250g)

その他、紫外線はしみ・乾燥や小じわなどに影響します。
日焼け止めを塗ったり、なるべく帽子や日傘等を使うことをおすすめします。

ニキビはストレスや寝不足・喫煙等が影響しがちです。
できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

肌を清潔に保つことは大切ですが、洗顔しすぎると肌が乾燥しやすくなります。
洗顔後に化粧水・乳液・クリーム等をつけると乾燥予防になります。
タオルで拭くときも、力を入れずに優しく拭くと肌にあまり負担がかかりません。

肌のトラブルで原因がわからない場合は、病院に行って診てもらいましよう。

栄養相談