株式会社メイプルファーマシー

管理栄養士のレシピ集 Vol.005

おから入り抹茶チーズケーキ
糖質が少ないケーキです。冷蔵庫で冷やしても美味しく召し上がれます。
たけのこごはん
たけのこは4~5月が旬となっています。主な栄養は、ビタミンB1、B2、カリウム、チロシン、グルタミン酸、アスパラギン酸、食物繊維があります。エグみがでるのですぐにゆでることが大切です。
豆腐ステーキのアサリ餡かけ
アサリには、ビタミンB12・カルシウム・カリウム・亜鉛・鉄が多く含まれています。また、旨味成分のコハク酸やタウリンが多く含まれています。悪性貧血、神経痛、慢性疲労、肝臓機能の促進、アルコール障害の改善、血液をサラサラにする効果があります。
うどん茶碗蒸し
茶碗蒸しの具をうどんに代えたうどん茶碗蒸しです。うどんは消化がよくエネルギー源にもなるため、体調が悪く食欲のないときなどにおすすめのレシピです。茶碗蒸し(具なし)も消化がいいレシピです。
春のアクアパッツア
アクアパッツアとは、白身魚や貝類を水と白ワインでグツグツ煮込んだイタリア料理です。今回は春の食材を使ったアクアパッツアです。ヘルシーですが満足感のある一品です。
れんこん湯
風邪や喘息など咳で喉が辛いときにおすすめのレシピです。れんこんに含まれるタンニンには咳止め効果があるといわれています。トロッとしたれんこん湯が喉をやさしく労わってくれます。
大根の蜂蜜シロップ
喘息や風邪、季節の変わり目で喉の調子が悪く、咳で辛い思いをしている方も多いと思います。昔から良く飲まれているシロップです。苦手な方はヨーグルトやお湯割りで召し上がって下さい。
3色プリン
ひな祭りにオススメのレシピです。ひな祭りのお祝い料理の1つである3色の菱餅に似せたデザートです。
茶碗蒸し
卵には、コレステロールが多く含まれていますが、血中コレステロールを除去するレシチンが含まれています。また、良質たんぱく質も多く含まれています。
けんちん汁
けんちん汁は血糖値の上昇を抑える根野菜が多く使われています。また、低カロリーで身体が温まり、冬の定番レシピです。好きな材料をプラスして、お好みのけんちん汁を作ってみては如何でしょうか。
ガトーショコラ
板チョコはミルクやビターなど、お好みでお作り頂けます。冷やして食べたほうが濃厚でおすすめです。
きつね餃子
餃子の皮の代わりに油揚げを使用することで糖質をカットした餃子です。
ぶりのゆずねぎソースかけ
ぶりは11月~3月が旬で、おいしく食べられる時期です。特に12月~2月は脂がのり、身がしまっています。
温かい豆乳ビシソワーズ
豆乳は、大豆の栄養成分を消化吸収が良いように加工したものです。
パプリカと大根のピクルス
パプリカには、ビタミンCやカロテンが豊富に含まれています。100g中180㎎のビタミンCが含まれています。(日本人の1日摂取推奨量は100mg/日)
薬味うどん
長ねぎ、大根、生姜、七味唐辛子の4種の薬味を使用したうどんです。
うなぎの混ぜずし
うなぎは、ビタミンA・Dが豊富です。ビタミンAは目のビタミンとも呼ばれ、目の健康にも大切であり、うなぎ1串は成人の必要量の3日分に相当します。過剰症もありますので極端な摂り過ぎには気をつけましょう。
彩りサラダ
緑・紫・オレンジと食卓を彩るサラダです。
スイートポテト
秋の味覚でもあるサツマイモ100g中には、たんぱく質1.2g、ビタミンB60.28㎎、ビタミンE1.6㎎、ビタミンC29㎎、カリウム470㎎、食物繊維2.3gなどの栄養素が含まれています。また、100gのカロリーは132kcalです。
鯖の大葉巻き
大葉の風味がおいしく、ごはんによく合う鯖レシピです。鯖などの青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれ、血液をサラサラにしたり、血中コレステロールや中性脂肪を下げてくれる効果が期待できます。日々の食事に青魚を取り入れてみましょう。

h{k